ヘッドハンティングを利用して転職をしよう

ライフスタイルが多様化している現代の社会人にとって、一つの会社に長く勤め続けるという時代は終焉を迎えました。以前の社会情勢であれば、一度就職した会社には退職まで勤務をすることが一般的でした。
これは終身雇用制度と年功序列によって、成り立っていたものであり、まじめに仕事をして会社に従事していれば、会社からは昇給や生活の保障を約束してもらえるという制度であったのです。現在の日本社会では終身雇用制度や年功序列は崩れ、実力主義となっています。

そのため、実力があれば一つの会社に居座り続ける必要もなく、より条件の良い会社へステップアップのための転職をした方が賢いと考えられるのです。ステップアップのための転職の際に最も良い手段と言えるのが、ヘッドハンティングによる転職です。

ヘッドハンティングとは経営者や経営幹部などが他の企業の優秀な人材をスカウトし、自社に引き入れることをいいます。

かつては外資系企業が中心となって行われてきたヘッドハンティングですが、近年では多くの日本企業でも行われるようになってきています。

ヘッドハンティングによる転職がおすすめな理由は、新たに就職活動をする必要がないことや、好条件での転職が期待できることなどが挙げられます。


特に現在勤務している会社よりも好条件を提示してくる可能性は高く、給料のアップや重要ポストについて打診されることも考えられるのです。


現在勤めている会社とヘッドハンティング先の会社の条件をよく比較して、納得のいく結論を出したいですね。


http://fuchu-keijinkai.or.jp/recruit/index.html
https://www.facebook.com/hoiku.yochien
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=2&id=D114111432&ln_jor=0